ムビ太郎の部屋

ムビ太郎の部屋は5chやTwitter等で、洋画・邦画をはじめ世界のTVドラマ、アニメ等※全ての映像についての情報をまとめています。新しい映像だけではなく古い映像も掘り起こして情報発信していきますので、意見交換などよろしくお願い致します。※AV等は除きます。



    (出典 hlo.tohotheater.jp)


    ファンタジー洋画情報まとめ!

    1 名無シネマ@上映中 :2018/03/08(木) 12:15:01.01 ID:Xjh1AvUK0.net


    監督・脚本・制作 ギレルモ・デル・トロ

    第74回ベネチア国際映画祭 金獅子賞受賞

    1962年、冷戦下のアメリカ。政府の極秘研究所で清掃員として働く女性イライザは、研究所内に密かに運び込まれた不思議な生き物を目撃する。
    イライザはアマゾンで神のように崇拝されていたという“彼”にすっかり心を奪われ、こっそり会いに行くように。幼少期のトラウマで声が出せないイライザだったが、“彼”とのコミュニケーションに言葉は不要で、2人は少しずつ心を通わせていく。

    日本公開日 2018年3月1日

    (出典 Youtube)


    【『シェイプ・オブ・ウォーター』声を出して泣きたいくらいだったw】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    邦画情報まとめ!

    1 muffin ★ :2018/03/13(火) 10:49:50.03 ID:CAP_USER9.net

    https://natalie.mu/eiga/news/273213
    2018年3月13日 5:00

    動物写真家・岩合光昭が、ねこまき(ミューズワーク)のマンガを原作とする「ねことじいちゃん」で初めて映画監督を務めることが明らかになった。

    本作は、とある小さな島で暮らす70歳の元教師・大吉と彼の飼い猫タマの暮らしを描く物語。大吉を落語家の立川志の輔が演じる。

    岩合は「今までに見たことがない猫の映画をみなさまにお届けできるように、日々張り切って撮影しております。ご期待ください」とコメント。志の輔は「岩合監督からはもちろん、ネコの『タマ』さんからも駄目出しされないよう、精一杯努めたいと思っております」と述べている。

    「ねことじいちゃん」は2019年に全国でロードショー。
    (続きはソースをご覧下さい)


    (出典 cdnx.natalie.mu)


    (出典 cdnx.natalie.mu)


    【【映画】『ねことじいちゃん』岩合光昭が映画監督デビュー】の続きを読む

    このページのトップヘ