ムビ太郎の部屋

ムビ太郎の部屋は5chやTwitter等で、洋画・邦画をはじめ世界のTVドラマ、アニメ等※全ての映像についての情報をまとめています。新しい映像だけではなく古い映像も掘り起こして情報発信していきますので、意見交換などよろしくお願い致します。※AV等は除きます。

    2018年01月



    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    邦画情報まとめ!

    1 muffin ★ :2018/01/26(金) 17:48:14.23 ID:CAP_USER9.net

    https://www.m-on-music.jp/0000250631/
    2018.01.26


    沢尻エリカ主演の映画『猫は抱くもの』の追加キャストが発表され、俳優の吉沢亮、水曜日のカンパネラのコムアイ、そして銀杏BOYZの峯田和伸が出演していることが明らかとなった。

    『ヘルタースケルター』(2012年)以来、6年ぶりとなる沢尻エリカの主演作『猫は抱くもの』は、「猫弁」シリーズで知られる大山淳子の同名小説が原作。
    “アイドルの夢を諦めた妄想好きのアラサ―女性”と、“自分を彼女の恋人だと思い込んでいる猫”の関係を描いたハートウォーミングなファンタジーで、こじらせたひとりと1匹のおかしくて愛おしい空想が、観る者に自分らしく生きるヒントをくれる……そんな作品となっている。

    劇中では実写の猫に加えて、擬人化された猫たちが多数登場。主人公・沙織(沢尻エリカ)の相手役で、自分を主人公の恋人だと思い込む、ロシアンブルーの猫・良男(よしお)を演じたのは、今最も注目されている若手演技派俳優の吉沢亮。『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』と、人気漫画の実写化作品でのコミカルな演技も高評価を受け、今年は岡崎京子原作による『リバーズ・エッジ』や、人気少女漫画『ママレード・ボーイ』でのW主演など、話題作への出演が続く。

    そして、本作が映画初出演となるコムアイが演じたのは、良男の相棒となる猫のキイロ役。
    コムアイは「この映画に参加して成長できたことをうれしく思います。猫の映画と聞いて、猫と遊べる! と思って受けたのに、自分が猫の役だったので、実際に猫と戯れるシーンがなかったのは、落とし穴でした」とお茶目に語り、自身の役柄に関しては「どこにも通じ、どこにも属さない。猫は、人間と野生を行き来する生き物ですが、特に私が演じた猫・キイロは人間のもとで飼われたり、野良として過ごしたり、流れに任せながらも自分で決めているキャラクターです」と、その背景を説明。
    (続きはソースをご覧下さい)

    映画『猫は抱くもの』は、6月23日から新宿ピカデリーほかにて全国ロードショー。


    (出典 www.m-on-music.jp)


    (出典 www.m-on-music.jp)


    【6年ぶりとなる沢尻エリカの主演作『猫は抱くもの』ファンタジーw】の続きを読む



    (出典 ieeyoo.info)


    アクション洋画情報まとめ!

    1 自治郎 ★ :2018/01/26(金) 19:11:17.66 ID:CAP_USER9.net

     トム・クルーズ主演の人気スパイアクションシリーズ第6弾の正式タイトルが、『ミッション:インポッシブル - フォールアウト(原題) / Mission: Impossible - Fallout』に決まった。

     トムが、開設したばかりの自身のInstagramでこのタイトルを発表。続けて、飛行中のヘリコプター外部に片手でしがみつくというアクションシーンの写真も公開し、「第6弾では映画のレベルを上げたよ。みんなにもっと見てもらうのが待ちきれない」と並々ならぬ自信をうかがわせた。トムは本作のアクションシーンを撮影中に右足首を骨折するも脅威の回復力を見せ、わずか7週間ほどで撮影現場に戻ってくるや、早速スタントに挑んでいたことでも話題を呼んでいた。

     「Fallout」というタイトルについては、監督・脚本のクリストファー・マッカリーが「文字通りの意味から比喩的な意味まで、複数の意味がある」とEmpireに説明。「Fallout」には「核爆発後に地上に降る放射性の塵(広域な放射能汚染を引き起こすのはこの塵が原因であり、“*灰”とも呼ばれる)」、そこから転じて「ある出来事から起こる悪い結果」という意味がある。マッカリー監督は「映画では核テロリズムの脅威が描かれる。これが文字通りの脅威。そしてこの映画で起こることは、イーサン・ハント(トム演じるスパイ)が彼の人生で選択したことの最終的な結果なんだ。イーサンの過去が彼につきまとうようになる。彼のこれまでの善意が悪い結果をもたらす」と解説した。

     近年は第5弾『ローグ・ネイション』、第4弾『ゴースト・プロトコル』など2ワードのタイトルが続いていたが、今回『フォールアウト』と1ワードにしたのは、「これは今までとは違う種類の映画だ。それをタイトルで表すべきだと思った」とのこと。マッカリーは以前にも本作はイーサンの内面に迫る、これまでのシリーズとは一味違った作品になると明かしていた。

     サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソン、ヴィング・レイムスらおなじみのメンバーに加え、『マン・オブ・スティール』のヘンリー・カヴィルら新キャストも登場する本作は、7月27日に全米公開される。(編集部・市川遥)

    2018年1月26日 12時15分
    https://www.cinematoday.jp/news/N0097970

    トム・クルーズ

    (出典 img.cinematoday.jp)


    【【第6弾】『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』タイトル決定!】の続きを読む



    (出典 img.cinematoday.jp)


    ミュージカル洋画情報まとめ!

    1 みつを ★ :2018/01/27(土) 10:14:30.79 ID:CAP_USER9.net

    http://www.afpbb.com/articles/-/3160159?act=all

    2018年1月27日 5:28 発信地:ニューヨーク/米国
    【1月27日 AFP】ミュージカル映画史に残る名作『ウエスト・サイド物語(West Side Story)』が、スティーブン・スピルバーグ(Steven Spielberg)監督(71)によってリメークされることになった。同監督がミュージカル映画を手掛けるのは初めて。旧作とは異なり、主役の面々にはヒスパニック系の俳優が起用される予定だ。

     同作品は、ウィリアム・シェークスピア(William Shakespeare)の戯曲「ロミオとジュリエット(Romeo and Juliet)」を翻案したレナード・バーンスタイン(Leonard Bernstein)作のミュージカルを映像化したもので、ニューヨークのギャング闘争の世界が舞台。1961年に公開された旧作は、大きな社会的変革のさなかにあった当時の人々を魅了し、アカデミー賞(Academy Awards)10部門を受賞した。

     リメーク版では、過去にも『リンカーン(Lincoln)』(2012年)や『ミュンヘン(Munich)』(2005年)でスピルバーグ監督とタッグを組んできた劇作家・脚本家のトニー・クシュナー(Tony Kushner)氏が脚本を担当する。

     リメーク版製作陣は現在、主役のトニー(Tony)、マリア(Maria)、ベルナルド(Bernardo)、アニタ(Anita)を演じる15~25歳の俳優を募集しており、募集要項にはトニーを除く3人がヒスパニック系のキャラクターであることが明記されている。

     旧作では、いずれもプエルトリコ(Puerto Rico)系のキャラクターであるマリア役を女優のナタリー・ウッド(Natalie Wood)が、ベルナルド役をギリシャ系のジョージ・チャキリス(George Chakiris)が演じた。一方でアニタ(Anita)役はプエルトリコ出身のリタ・モレノ(Rita Moreno)が演じ、アカデミー助演女優賞を受賞している。(c)AFP


    【【決定】『ウエスト・サイド物語』リメーク! ミュージカルは初めてのスピルバーグ監督で⁈】の続きを読む

    2018y01m26d_175731827

    映画好きのみなさん!「ムビ太郎の部屋」のムビ太郎です!




    休みの日は部屋を真っ暗にしてビールを飲みながら映画を観るのことが一番の幸せです。





    なかなかそんな時間が作れないのが現実なんですが…






    基本的に映画のレビュー等は苦手で下手くそです。






    5ch等で叩かれてる映画でも「えっ!おもろいのに⁈」っていうのが殆どで評価レベルも低いと思います。






    しかし、そんな私でも「それはあかんやろ~」っていう映画(一部のカット)があります。






    クドクドと前置きしましたが、未だに許せないシーンがあるので愚痴ります。



    2018y01m26d_183528475



    『M:i‐2』のバイクアクションシーンは誰もが思っている有名なシーンだと思いますが…






    砂浜でのバイクアクションでオンロードのタイヤだったのがオフロードタイヤに…





    これでジョン・ウー監督の作品は避けるようになってしまいました。




    ならではですが、鳩・二丁拳銃・バイクアクション等のイメージがあり過ぎて…





    「男たちの挽歌」は好きでしたが、全ての作品は観てないのでどうなんでしょ?





    ジョン・ウー監督作品だけではないと思いますが、やたらとスローを入れるのも抵抗があります。






    スローにするから良いのかも知れませんが…




    それはさて置き




    これは2000年公開の映画でしたが、その頃の編集技術では何とかならんかったんでしょうか?




    とにかく!ん~…許せない!







    ※あくまでもこのシーンだけで全体が許せないわけではございません。








    (出典 realsound.jp)


    映画情報まとめ!

    1 無名画座@リバイバル上映中

    グーニーズとか?


    【【選択不可】80年代最高の映画といえば?って多過ぎ!!!!!!!! 】の続きを読む

    このページのトップヘ