ムビ太郎の部屋

ムビ太郎の部屋は5chやTwitter等で、洋画・邦画をはじめ世界のTVドラマ、アニメ等※全ての映像についての情報をまとめています。新しい映像だけではなく古い映像も掘り起こして情報発信していきますので、意見交換などよろしくお願い致します。※AV等は除きます。

    2018年01月



    (出典 www.4gamer.net)


    邦画アニメ情報まとめ!

    1 muffin ★ :2018/01/26(金) 11:07:36.54 ID:CAP_USER9.net

    https://music.oricon.co.jp/php/news/NewsInfo.php?news=2104676
    2018/01/26 08:00

    さまざまなキャラクターの声を完璧に演じ分け、七色の声を持つと言われる声優・山寺宏一。そんな山寺が「怖くて、ネットの書き込みは絶対見ない」と言うのが、不朽の名作アニメ『宇宙戦艦ヤマト』(1974年)をリメイクした『宇宙戦艦ヤマト2199』(2012~14年)、そして最新シリーズ『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』(全七章)で担当する「デスラー」だ。

    1974年のオリジナル版で「デスラー」を演じたのは、現在も俳優として活躍する伊武雅刀。「先輩から引き継いだキャラクターというのもありますが、『2202』は作品としての評判がすごく良い。第四章からデスラーが出てきて、“いいな”と思う人が減ったら絶対、俺のせいですよ。本当にそう思います」と弱気をのぞかせた。

    昨年2月から順次劇場上映されている『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』は、今月27日より「第四章 天命篇」が全国29館で期間限定上映される。この第四章でデスラーが初登場。物語は新たな局面を迎える。

    デスラーは、かつて「大ガミラス帝星永世総統」の座にあった男。大小マゼラン星雲のあらゆる文明を侵略・支配し、帝国の版図を拡大し続けた。しかし、イスカンダル往還の旅を遂行する「宇宙戦艦ヤマト」と関わったことで政権を失い、「ガミラスとイスカンダルの大統合」という悲願も果たせず、座乗艦デウスーラでヤマトに最後の決戦を挑むも敗北。その命は亜空間に散った…。だが、デスラーは生きていた。ガトランティスの恩寵を受け、再びヤマトの前に立ちはだかる。彼の胸に去来するもの、その瞳に映るものは果たして何か?
    (続きはソースをご覧下さい)


    (出典 music.oricon.co.jp)


    【『宇宙戦艦ヤマト』山ちゃんがデスラー役再び!叩くほどデスラーに思い入れのある人間は居ないかも…】の続きを読む



    (出典 deep.wakuwaku-nara.com)


    映画情報まとめ!

    1 渋柿の木 ★ :2018/01/25(木) 18:48:50.74 ID:CAP_USER9.net

    日本映画製作者連盟(映連)の新年記者発表が1月25日、都内のホテルで行われた。2017年の年間興収は2285億7200万円で、前年比97.1%。
    「君の名は。」や「シン・ゴジラ」のメガヒットで歴代最高を記録した16年から微減にとどめ、興収発表となった2000年以降では歴代2位となった。

    観客動員も1億7448万3000人で、前年比96.8%。一方で公開本数は過去最高の1187本と5年連続で1000本以上となり、邦画と洋画の内訳は54.9%対45.1%。
    洋画が前年比118.6%と躍進したが、岡田裕介会長は「前年割れではあるが、良かったと言える1年。洋画が盛り返し、興収10億円以上の作品の合計は洋画が上回ったが、
    邦画は5~10億円の作品が多く優位は変わらない。メガヒットがなくても、日本映画が全体として力を付け信用を得られている」と分析した。

    昨年の邦画の興収1位は、シリーズ最高を更新した「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」の68億9000万円。
    以下、「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」(44億3000万円)、「銀魂」(38億4000万円)と定番アニメ、人気コミックの映画化が続き、
    「君の膵臓をたべたい」が35億2000万円だった。

    対する洋画は、昨年唯一の100億円超えとなった「美女と野獣」(124億円)が1位。
    2位が「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」(73億4000万円)、3位が「怪盗グルーのミニオン大脱走」(73億1000万円)となった。

    また、全国のスクリーン数は3525で、前年比53スクリーンの増加。中でも東宝の子会社であるTOHOシネマズが656スクリーンを要し、昨年11月にオープンしたTOHOシネマズ上野が好調に推移。
    東宝の島谷能成社長は、「13年頃は全体の4%だった高校生が、倍くらいに増えている。料金を1000円にしたのも大きいが、高校生が映画館に戻ってきている手応えがある。
    IMAXや4Dのコンテンツも過去最高になりそう。まだまだ商圏は残っているので、映画業界全体の市場拡大の可能性を感じた」と話した。(映画.com速報)

    映画.COM
    2017年の年間興収、メガヒットなくても歴代2位の2285億円7200万円
    http://eiga.com/news/20180125/16/


    ◆2017年邦画興行収入上位10作品(2018年1月)
    1位:『名探偵コナン から紅の恋歌』68.9億円(東宝)
    2位:『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』44.3億円(東宝)
    3位:『銀魂』38.4億円(WB)
    4位:『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』35.5億円(東宝)
    5位:『君の膵臓をたべたい』35.2億円(東宝)
    6位:『メアリと魔女の花』32.9億円(東宝)
    7位:『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』32.6億円(東宝)
    8位:『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』25.2億円(アニプレックス)
    9位:『忍びの国』25.1億円(東宝)
    10位:『22年目の告白―私が殺人犯です―』24.1億円(WB)

    ◆2017年洋画興行収入上位10作品(2018年1月)
    1位:『美女と野獣』124億円(WDS)
    2位:『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』73.4億円(WB)
    3位:『怪盗グルーのミニオン大脱走』73.1億円(東宝東和)
    4位:『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』67.1億円(WDS)
    5位:『モアナと伝説の海』51.6億円(WDS)
    6位:『SING/シング』51.1億円(東宝東和)
    7位:『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』46.3億円(WDS)
    8位:『ラ・ラ・ランド』44.2億円(GAGA)
    9位:『バイオハザード:ザ・ファイナル』42.7億円(SPE)
    10位:『ワイルド・スピード ICE BREAK』40.5億円(東宝東和)

    関連記事
    「2017年映画興収 『美女と野獣』など洋画好調も邦画シェア優位変わらず(オリコンニュース)」より抜粋
    https://www.oricon.co.jp/news/2104612/full/


    【【2017年間興収発表】メガヒットなくても日本映画が全体として力を付け信用を得られていると分析⁈】の続きを読む



    (出典 pokemon-times.com)


    ファンタジー洋画情報まとめ!

    1 神々廻 ★ :2018/01/25(木) 20:53:37.75 ID:CAP_USER9.net

    「ポケットモンスター」史上初となる実写映画の撮影がスタートしたと、製作の米レジェンダリー・エンターテインメントがオフィシャルサイトを通じて発表した。

     ベースとなるのは、ニンテンドー3DS用ソフト「名探偵ピカチュウ」(3月23日発売)。人とポケモンが共存する街「ライムシティ」を舞台に、失踪した父親を捜す少年ティムが、
    ピカチュウとコンビを組んで真相に迫る。ゲーム内のピカチュウは、人間の言葉を話し、憎まれ口を叩き、コーヒー好きという、かなりハードボイルドなキャラになっており、映画でも渋い一面を見せてくれそうだ。


    (出典 img.cinematoday.jp)

    https://www.cinematoday.jp/news/N0097961


    【『ポケットモンスター』史上初の実写映画ついにクランクイン⁈…】の続きを読む



    (出典 contents.atarashiichizu.com)


    邦画情報まとめ!

    1 あちゃこ ★ :2018/01/25(木) 16:14:52.78 ID:CAP_USER9.net

     [映画.com ニュース] 稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛が立ち上げた「新しい地図」によるオムニバス映画「クソ野郎と美しき世界」のあらすじと
    各話のタイトルが、このほど発表された。アクション、ファンタジー、ラブ、ミュージカルと、多彩なジャンルを盛り込んだ4編が紡がれる。

     園子温、山内ケンジ、太田光、児玉裕一がそれぞれ監督・脚本を務め、“極悪でバカで泣けて踊れる、クソ野郎だらけの4つのストーリー”を描き出す
    短編オムニバス映画。各話の題名は、
    episode.1「ピアニストを撃つな!」(園監督/出演・稲垣)、
    episode.2「慎吾ちゃんと歌喰いの巻」(山内監督/出演・香取)、
    episode.3「光へ、航る」(太田監督/出演・草なぎ)、
    episode.4「新しい詩(うた)」(児玉監督/出演・クソ野郎★ALL STARS)となっている。

     あらすじは、以下の通り。

     「恋に落ちたピアニスト、歌を喰われたアーティスト、息子を亡くした父親、そんな彼らが迷い込んだ、美しき世界とは――。極悪でバカで泣けて踊れる、
    クソ野郎だらけの4つのストーリー! 全力で走る女、フジコ。フジコを追う不気味なマスクをした極悪人『マッドドッグ』。彼らが向かう先には
    天才ピアニスト。歌を食べて生きる少女『歌喰い』と歌えなくなったアーティストの不思議な関係。失った息子の右腕を探す旅を続ける夫婦。
    2人が沖縄の海で出会ったのは……? 夜な夜なクソ野郎たちが集まるダンスフロアで繰り広げられるショー」。

     「クソ野郎と美しき世界」は、4月6日から全国86館で2週間限定公開。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180125-00000015-eiga-movi

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【『クソ野郎と美しき世界』あらすじ&各話タイトルが発表!クソ野郎はだれ?】の続きを読む



    (出典 www.cinra.net)


    邦画情報まとめ!

    1 muffin ★ :2018/01/25(木) 13:53:34.60 ID:CAP_USER9.net

    https://www.cinra.net/news/20180125-nomitori
    2018/01/25 11:27

    映画『のみとり侍』のティザーポスタービジュアルと特報映像が公開された。

    同作は、表向きは家庭で飼われる猫の蚤を取る商売だが、実態は「床」で女性に愛を届ける裏稼業として江戸時代に実在した「のみとり」をモチーフにした時代劇。藩主の機嫌を損ね、「のみとり」として暮らすことを命じられた越後長岡藩藩士・小林寛之進役を阿部寛、寛之進の初めての「のみとり相手」となる千鶴役を寺島しのぶが演じるほか、豊川悦司、斎藤工、風間杜夫、大竹しのぶ、前田敦子、松重豊、桂文枝らがキャストに名を連ねる。

    ティザーポスターは、阿部寛演じる寛之進が首元にキスマークをつけ、歌舞伎役者のように睨みをきかせた浮世絵風のビジュアル。東洲斎写楽の浮世絵『三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛』に着想を得て制作された。

    特報映像では、松重豊演じる藩主の逆鱗に触れた寛之進が「猫の蚤とりになって無様に暮らせ!」と告げられるシーンや、寛之進が着物を脱ぎ捨て裸になる様子、寺島しのぶ演じるおみねと寛之進が床に入る場面、おみねが寛之進に「下手くそが!」と言い放つ姿などが確認できる。
    (続きはソースをご覧下さい)


    (出典 www.cinra.net)


    (出典 www.cinra.net)


    「のみとり侍」特報

    (出典 Youtube)


    【阿部寛!また脱ぐのか?『のみとり侍』浮世絵風ポスターと特報映像公開】の続きを読む

    このページのトップヘ