IMG_0641


ラブロマンス洋画情報!



●監督

アラン・ルドルフ


●キャスト

ティモシー・ハットン

ケリー・マクギリス

デヴラ・ウィンガー

トム・ペティ

ニール・ヤング
 



【ストーリー】


23歳のマイク・シュア(ティモシー・ハットン)は誰からも愛される好青年だが、最近どうもついていない。



仕事はクビになり、恋人ブレンダ(メア・ウィニンガム)からも心変わりされた彼は、新天地を求めてカリフォルニアに旅立つが、道中川に転落した母娘を助けようとして、マイクは命を落としてしまう。



天国で彼はリサ叔母さん(モーリン・ステイプルトン)と再会し、ここでの生活を学んでゆく。



やがてマイクは、アニー・パッカード(ケリー・マクギリス)という天国生まれの美女と知り合い恋におち、2人は愛の生活を始める。



しかし赤ん坊となって地上に戻らなくてはならない天国の定めに従って、アニーは地上に降り立つことになり、永遠の愛を誓うマイクは、天国の管理人エメット(デブラ・ウィンガー)から30年の猶予を得て彼女の後を追うのだった。



そしてアニーは、おもちゃ製造会社の社長ベン・チャンドラー(ドン・マレイ)の娘アリーとして生まれ替わり、一方マイクは、エルモ・バネットという私生児として生まれつく。


やがてアリーはCMディレクターのトム・ドネリー(ティモシー・デイリー)と結婚するが、その生活は必ずしも順調とはいえない。



ヒッピーとなって放浪生活を送るエルモは、ある日マイク時代の両親と出会い、その頃の記憶は失われているものの、死に直面している母アーネット(アン・ウェッジワース)の姿に再起を決意するのだった。



父が死に離婚を決意するアニー、そしてマイク時代の父スティーヴ(ジェームズ・ギャモン)から譲りうけたトランペットを片手に、いつしか作曲家として華々しくデビューするエルモ。



そんなある日ロスの雑踏の中で、偶然2人は目を合わせる、折りしもエルモが30歳の誕生日を迎えたその日に……。



https://movie.walkerplus.com/mv8890/






20数年ほど前にTVの深夜放送で知ったラブロマンス映画ですが、めちゃめちゃ好きになりました。


それから何年か後に、同じく深夜に再放送されたので録画をしたのですが、テープ切れでクライマックスが撮れていなくて無念な思いをしました。


どうしても、もう一度観たくてレンタルビデを探したんですが、全く見付けられなくて諦めてしまいました。


今は便利な世の中になったので、ネットでビデオソフト(VHS)入手したのですが、再生でデッキがなくて未だに観れてません!


DVDは輸入盤しかなくて国内盤は発売されていないので、なんとも悔しいです。


ビデオデッキを買うしかない!買お!


私の生涯映画になります。



観たことある方、コメントいただけたら嬉しいです。