ムビ太郎の部屋

ムビ太郎の部屋は5chやTwitter等で、洋画・邦画をはじめ世界のTVドラマ、アニメ等※全ての映像についての情報をまとめています。新しい映像だけではなく古い映像も掘り起こして情報発信していきますので、意見交換などよろしくお願い致します。※AV等は除きます。

    カテゴリ: アクション



    (出典 theriver.jp)


    アクション洋画情報まとめ!

    1 自治郎 ★ :2018/02/15(木) 20:37:31.93 ID:CAP_USER9.net

     トム・クルーズが不可能なミッションに挑む凄腕エージェントを演じる大ヒットスパイアクション第6弾『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』から、トムの決*スタントを集めた日本版予告編が公開された。

     何事にも全力で挑む姿勢で知られ、危険なスタントも、可能な限り自らこなすトム。そんな彼が生身で挑む常識破りのアクションもシリーズの見せ場となっており、これまで、世界一高い超高層ビルから宙づりになったり、時速400キロ以上で飛ぶ軍用機の外側に張り付いたりと印象的なシーンを作り上げてきた。

     ファン待望となる新作の予告編は、いきなりトムが山脈を飛行するヘリコプターにロープでぶら下がり、そのまま落ちるショッキングなアクションからスタート。高さ600メートル、ビルにして約110階相当というノルウィーの絶壁「プレーケストーレン」でのクライミングや、パリ・凱旋門を猛スピードで駆け抜けるバイクシーンなど、55歳にして相変わらず全力投球なトムの姿を見ることができる。

     さらに、撮影中にトムが骨折したことで話題となった、ビルの屋上に飛び移ろうとしたイーサンが壁にぶつかる、あのジャンプシーンも登場。横から見ると、いかに“不可能”な距離を飛んでいたのかが一目瞭然だ。

     このシーンについてトムは、イギリスBBCのトーク番組「グラハム・ノートン・ショー」内で、「全速力でジャンプして、壁の一面にぶつかって、這い上がり、カメラの側を走っていくという撮影だったんだ。(ぶつかって)瞬時に骨折したことを悟った。それでも、カメラの側を走り抜け、そのショットをものにした。あの横顔のショットはどちらも映画に出てくるんだ」と骨折しても撮影を続けたばかりか、カットの一部が本編に使用されていることを明かしている。今回も、スクリーンからトムのパワーがほとばしる一作になりそうだ。

     メガホンを取ったのは、前作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』を手掛けたクリストファー・マッカリー。サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソンなど前作からの続投メンバーに加え、イーサンの妻ジュリアを演じるミシェル・モナハン、さらにスーパーマン役で知られるヘンリー・カヴィルが、イーサンのライバルとなるCIAエージェント・ウォーカー役で出演する。(編集部・入倉功一)

     映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は8月3日より全国公開

    2018年2月15日 7時00分
    https://www.cinematoday.jp/news/N0098425

    こんなん*じゃうよぉ~! トム・クルーズ決*アクションは健在!

    (出典 img.cinematoday.jp)


    トム・クルーズ、やっぱり全力!『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』予告編

    (出典 Youtube)


    【【予告】トム骨折シーン使用!『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』】の続きを読む



    (出典 img.cinematoday.jp)


    アクション洋画情報まとめ!

    1 みつを ★ :2018/02/09(金) 18:31:57.78 ID:CAP_USER9.net

    http://www.bbc.com/japanese/video-42998868
    (リンク先に動画ニュースあり)

    2018/02/09
    米マーベル社の新作映画「ブラックパンサー」は、黒人を主人公に、黒人俳優がキャストの大半を占める、画期的なスーパーヒーロー映画だ。

    アフリカの描き方が絶賛され、様々な興行収入記録を樹立するだろうと期待されている。

    ライアン・クーグラー監督と主演のチャドウィック・ボーズマンさん、共演のルピタ・ニョンゴさんに話を聞いた。

    「ブラックパンサー」は英国では2月12日、米国では2月16日、日本では3月1日公開予定。


    【『ブラックパンサー』黒人俳優がキャストの大半を占める画期的なスーパーヒーロー映画 !】の続きを読む



    (出典 img.cinematoday.jp)


    邦画情報まとめ!

    1 muffin ★ :2018/02/08(木) 19:08:05.42 ID:CAP_USER9.net

    https://natalie.mu/eiga/news/268596
    2018年2月8日 5:00

    町田康による小説「パンク侍、斬られて候」が綾野剛主演で実写映画化されることがわかった。

    石井岳龍がメガホンを取り、宮藤官九郎が脚本を手がける本作は、“超人的剣客”にして“テキトーなプータロー侍”の掛十之進が、自らがまいた種によって大惨事に見舞われる姿を描くエンタテインメント。特撮監督を「シン・ゴジラ」の尾上克郎、美術を「十三人の刺客」の林田裕至、衣装を「るろうに剣心」シリーズの澤田石和寛が担当する。

    「パンク侍、斬られて候」は6月30日より公開。今回、紀里谷和明が撮り下ろした十之進のイメージビジュアルも解禁された。

    ■町田康 コメント
    私の小説を石井さんが撮る。このことに特別な感慨があります。
    人の脳に束の間浮かんでは消える幻のごとき瞬間の連鎖、
    を石井さんはスクリーンに顕現させてくれました。
    小説作者としてこんなうれしいことはありません。
    ぜひともご覧になってください。「宇宙が砕けますよ」。。


    【『パンク侍、斬られて候』が綾野剛主演で実写映画化が判明!】の続きを読む



    (出典 www.bloggang.com)


    アクション邦画情報まとめ!

    1 オムコシ ★ :2018/02/07(水) 22:56:48.95 ID:CAP_USER9.net

    CLAMPが原作に携わる「BLOOD-C」シリーズの最新作となる実写映画「BLOOD-CLUB DOLLS」が、2018年秋に全国公開されることが決定した。

    「BLOOD-CLUB DOLLS」の主演は、舞台「英雄伝説 閃の軌跡」や「戦国BASARA」で主役を務めた松村龍之介。共演者にはミュージカル「刀剣乱舞」の小狐丸役で知られる映画初出演の北園涼ほか、宮原華音、黒崎真音、高橋克実、八嶋智人、田中要次、朝倉あき、八神蓮、高崎翔太、友常勇気、安里勇哉、杉江大志、田中涼星、郷本直也、白柏寿大、南圭介、河原田巧也が名を連ねる。

    監督は「阿修羅少女~BLOOD-C異聞~」に続き奥秀太郎が務め、脚本は「BLOOD-C」シリーズに第1作から携わりテレビアニメの脚本も手がけた藤咲淳一が担当。ストーリーは、新たな展開が盛り込まれた完全書き下ろしになる。なおコミックナタリーではこのあと、新作発表会の模様をレポートする。

    「BLOOD」シリーズは、2000年に公開された劇場アニメ「BLOOD THE LAST VAMPIRE」からスタート。2011年にテレビアニメ、2012年に「劇場版BLOOD-C The Last Dark」、2015年には舞台、2017年には実写映画「阿修羅少女~BLOOD-C異聞~」とさまざまなメディア展開がされている。


    (出典 Youtube)

    https://natalie.mu/comic/news/268505


    【【実写映画】『BLOOD-CLUB DOLLS』が2018年秋に全国公開されることが決定!】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    邦画情報まとめ!

    1 湛然 ★ :2018/02/05(月) 05:02:41.41 ID:CAP_USER9.net

    2/5(月) 5:00 オリコン

    実写映画『BLEACH』朽木ルキア役は杉咲花 死神&女子高生姿のビジュアル解禁

     女優の杉咲花(20)が、久保帯人氏の人気漫画を実写化する映画『BLEACH』(佐藤信介監督 7月20日公開)に出演していることが4日、わかった。福士蒼汰(24)演じる主人公・黒崎一護とともに物語のキーパーソンである“死神”朽木ルキア役。死神としての姿と、普段の女子高生の姿を写したビジュアルがお披露目された。

     同作は、霊が見えること以外は普通の高校生・一護が、ある日突然現れたルキアから死神の力を与えられ、家族や仲間たちのために虚(ホロウ)と呼ばれる悪霊たちと戦う物語。ルキアは、一護に死神の力を渡したことからその力を失い、普段は女子高生の姿に身を扮し、一護と行動を共にしながら次第に心を通わせていく。

     杉咲は「ルキアというたくましく純粋な死神を自分が演じさせていただけるからには、原作を何度も読み返しアニメも観させていただき、自分なりにルキアを調べて役づくりさせていただきました」とコメント。「人間、死神という役柄の中、一護にもルキアにも心がある、ということを台本を読んで感じました。お互いの存在がお互いを生かし合い、強くなっていく一護とルキアの2人が、大好きになりました。福士さんが一護だったからこそ、そう感じることができたのだと思います」と語った。

     佐藤監督は「こうした異世界感が感じられるキャラクターを演じるというのも非常に難しいと思うのですが、杉咲さんはとても慎重かつ丁寧に、一方で大胆に、この役を演じられました。撮影現場でも、杉咲さんはルキアと表裏一体。表情、立ち振る舞い、話し方など、ルキアにしか見えなかったです。和装に身を固め、刀を持ち、黒髪をまとめたその姿は、勇ましくもあり、凛々しくもあり、そして何よりも愛くるしいほどキュートでもありました」と太鼓判を押した。

     撮影は2016年9月から始まり、同11月にクランクアップ。CGを1年以上かけて作り上げている。


    映画『BLEACH』で朽木ルキアを演じる杉咲花 (C)久保帯人/集英社(C)2018 映画「BLEACH」製作委員会

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180202-00000375-oric-ent


    【【実写映画】『BLEACH』ビジュアル解禁で不評!】の続きを読む

    このページのトップヘ