ムビ太郎の部屋

ムビ太郎の部屋は5chやTwitter等で、洋画・邦画をはじめ世界のTVドラマ、アニメ等※全ての映像についての情報をまとめています。新しい映像だけではなく古い映像も掘り起こして情報発信していきますので、意見交換などよろしくお願い致します。※AV等は除きます。

    カテゴリ: 邦画



    (出典 arasuzitaizen.com)


    邦画情報まとめ!

    1 (^ェ^) ★ :2018/02/24(土) 09:50:54.64 ID:CAP_USER9.net

    https://mantan-web.jp/article/20180223dog00m200059000c.html

     「沈黙の艦隊」などで知られるかわぐちかいじさんのマンガ「空母いぶき」が実写映画化され、2019年に公開されることが24日、明らかになった。同日発売の連載誌「ビッグコミック」(小学館)5号で発表された。監督や主演などは3月10日発売の同誌6号で発表される。

     「空母いぶき」は、かわぐちさん作、惠谷治さん監修のマンガ。20XX年に尖閣諸島で海上自衛隊と中国海軍が衝突し、日本政府は海上自衛隊のいぶきを投入する……というストーリー。

     14年12月に同誌で連載がスタートした。コミックスは8巻まで発売されており、最新9巻が3月30日に発売される。


    【【2019公開】『空母いぶき』が実写映画化!監督や主演などはビッグコミック6号で発表!】の続きを読む



    (出典 www.hochi.co.jp)


    邦画情報まとめ!

    1 みつを ★ :2018/02/22(木) 06:51:50.74 ID:CAP_USER9.net

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180222/k10011338171000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_006

    2月22日 4時45分
    広島県出身の映画監督、大林宣彦さんは、NHKのインタビューで、原爆が投下されるまでの日本の戦争をテーマにした映画を自身として初めて制作すると明らかにしました。大林監督は「戦争がひと事ではない今の時代にこそ、映画で平和をたぐり寄せたい」と話しています。

    広島県尾道市出身の大林宣彦監督は、「時をかける少女」など、故郷の尾道を舞台にした作品などで人気を集め、これまで監督を務めた映画は40本以上に上ります。

    80歳の大林監督は、がんと闘いながら精力的に作品づくりを続け、去年12月には、太平洋戦争前夜の若者たちの青春を描いた作品、「花筐/HANAGATAMI」を発表しました。

    大林さんは20日、NHKのインタビューに応じ、次の作品では、自身として初めて、広島に原爆が投下されるまでの日本の戦争をテーマにすると明らかにしました。脚本はほぼ完成し、早ければことし5月から撮影を始めたいとしていて、作品の中では、広島を慰問に訪れ原爆の犠牲となった「桜隊」と呼ばれる劇団員などを描く予定だということです。

    大林監督は「戦争がひと事ではなく、みんなが肌で感じる時代になってしまった。戦争体験者である自分は、こうした映画を作るために80まで生かされたのだと思う。映画で平和をたぐり寄せたい」と話しています。


    【【闘病中】大林宣彦監督(80) 原爆投下までの日本の戦争をテーマにした映画制作することを表明!】の続きを読む



    (出典 www.huistenbosch.co.jp)


    アニメ邦画情報まとめ!

    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/02/19(月) 20:35:46.88 ID:CAP_USER9.net

    大泉洋「のび太くんこそ金メダリスト」国民的キャラクターたちの活躍を絶賛
    2018年2月19日19時1分 スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180219-OHT1T50140.html

    先行上映会に登壇した(左から)高橋茂雄、大泉洋、川村元気

    (出典 www.hochi.co.jp)


    俳優・大泉洋(44)が19日、都内でアニメーション「映画ドラえもん のび太の宝島」(3月3日公開、今井一暁監督)の大人だけの先行試写会に登壇。同作の登場キャラクター・野比のび太の活躍ぶりを「のび太くんこそ金メダリスト」と太鼓判を押した。

    人気アニメ「ドラえもん」の劇場版シリーズ38作目となる本作は、太平洋上に突如現れた宝島を巡ってドラえもんたちが大冒険を繰り広げる物語。映画プロデューサーで小説家の川村元気氏(38)が初めて脚本を手掛けた。

    大泉は宝島の秘密の鍵を握る海賊船の船長・シルバーの声優を担当し、「今までドラえもんの映画を通らずにいた。なんぼのもんじゃいって思っていたけど、ま~シルバーがいい。これは泣けるな。初めてドラえもんの映画の良さに気付いた」としみじみ語った。

    同作のクライマックスでのび太がとる行動に感動したとし、「今この世で一番尊敬するのはのび太くん」と大興奮。2年連続でゲスト声優を務めたお笑いコンビ「サバンナ」の高橋茂雄(42)から「今回(平昌五輪で)たくさんのメダリストが生まれましたけど、のび太くんが一番ですか?」と問われると、「のび太くんこそ金メダリスト!その後、しずかちゃんがさらりと同じことをしていたので、しずかちゃんも銀メダリスト」と国民的キャラクターたちの活躍を絶賛した。


    【【38作目】『映画ドラえもん のび太の宝島』のび太くんこそ金メダリスト⁈えっ?】の続きを読む



    (出典 collegebenefitspublishing.com)


    邦画情報まとめ!

    1 ニライカナイφ ★ :2018/02/20(火) 11:37:43.40 ID:CAP_USER9.net

    ◆餃子日本一奪還の宇都宮市 8月には餃子映画も公開

     「そりゃもう嬉しいよ。3年間も浜松に1位を譲ったままだったんだから」、「宮っこ(宇都宮市民)としては、やっぱり1位は誇らしいよね」。JR宇都宮駅(栃木県)に降り立つと、駅前には〈ようこそ餃子日本一の町、宇都宮へ〉と書かれた看板がいくつも掲げられ、餃子専門店が立ち並んでいる。餃子のビーナス像や餃子の人気ゆるキャラ・スタミナ健太くん像の前では記念撮影をする観光客の姿も。裏路地に足を踏み入れれば、食欲を誘う香りが漂う。

     日本を代表する「餃子の街」は久しぶりの歓喜に沸いていた。1月30日、総務省が発表した家計調査の「年間餃子消費量(2017年度)」で宇都宮市が、4年ぶりに日本一の称号を取り戻した。

     「年間餃子消費量」とは1世帯が年間どれだけの量の餃子を消費(購入)したかを調べたもの。毎年、同調査の発表は餃子ファンの間で、宇都宮と静岡・浜松のどちらがトップを獲るのかという「餃子戦争」として大きな注目を集めている。宇都宮は2016年度まで3年連続で浜松の後塵を拝していた。トップ奪還のニュースを聞いた本誌・女性セブン記者は、最新の宇都宮餃子事情を探るため、すぐさま宇都宮へ向かった。

     市内にあるスーパーの餃子コーナーには早速〈宇都宮餃子消費量日本一おめでとう〉と書かれたPOP(店内販促物)が貼られている。餃子売り場の前で60代の女性が喜びを爆発させた。

     「2014年に浜松に1位を奪われてからは、意識的に餃子を買って、食べるようにしていたの。そしたら今年1位になった。本当に嬉しいわ」

     そう笑顔を見せる彼女の肌はつやつやとして、いかにも健康そうだ。それもそのはず。2015年度の厚生労働省の研究事業「健康寿命における将来予測と生活習慣病対策の費用対効果に関する研究」によれば、宇都宮がある栃木県の女性の健康寿命は11位。ライバル・浜松の静岡県では男性が1位、女性が2位にランクインしている。餃子が“健康食”になっているのは間違いない。

    ◆浜松と戦うのはもうやめた

     宇都宮餃子の始まりは、戦争中に中国に駐屯していた陸軍が現地の白菜中心の甘みがある餃子の味を帰国後に広めたことからといわれている。宇都宮餃子会事務局長・鈴木章弘さんが語る。

     「市と民間の共同組合である宇都宮餃子会が協力し、20年ほど前から“餃子による町興し”を進めてきました。餃子のテーマパークをオープンさせたり、宇都宮餃子祭りを開催したり、日本中に『餃子の街』として知られるようになり、1999年に第一回宇都宮餃子祭りを開催した時には観光客が2万人を突破するなど、活動は順調だったのですが…」

     だが、2011年に起こった東日本大震災で状況は一変。震災による消費の冷え込みと風評被害により、2012年に宇都宮は長年守り続けてきた消費量1位の座を、宇都宮に対して「ウチこそが日本一の餃子の街」と長年主張してきた浜松に譲り渡してしまう。

     2位に転落したことを機に、鈴木さんは友人らと「1位奪還推進委員会」を結成。餃子の消費量を増やすため、栃木県出身のモデルを「宇都宮餃子消費量日本一奪還アイドル」に起用してポスターや街頭演説で市民に対して消費量拡大を訴えたり、スーパーで特売キャンペーンを行ったりと、なりふり構わない姿勢で日本一奪還を目指した。その甲斐あって、2014年に1度、トップを取り戻した際には、新聞の号外が出るほどのお祭り騒ぎとなった。

    写真:餃子日本一奪還に湧く宇都宮市

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    Yahoo!ニュース/NEWSポストセブン(女性セブン2018年3月1日号) 2018/2/16(金) 16:00
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180216-00000008-pseven-soci
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180216-00000008-pseven-soci&p=2
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180216-00000008-pseven-soci&p=3
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180216-00000008-pseven-soci&p=4

    ※続きます


    【【宇都宮市】『キスできる餃子』今年8月公開予定!主演は足立梨花( ゚Д゚)】の続きを読む



    (出典 www.nikkansan.com)


    ドキュメンタリー邦画情報まとめ!

    1 ばーど ★ :2018/02/18(日) 20:14:55.18 ID:CAP_USER9.net

    反捕鯨国のイギリス・ロンドンの映画祭で、反捕鯨運動への批判や捕鯨の文化的側面を取り上げた日本のドキュメンタリー映画が受賞作品に選ばれました。

    17日、「ロンドン・フィルムメーカー国際映画祭」で、八木景子監督(50)が制作したドキュメンタリー映画「ビハインド・ザ・コーヴ」が「長編ドキュメンタリーベスト監督賞」を受賞しました。

    映画は、和歌山県太地町のイルカの追い込み漁を批判したアメリカのドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」への反論とも言える内容で、太地町に押し寄せた反捕鯨団体に住民が戸惑う様子や、捕鯨の伝統文化としての側面を描くとともに、「ザ・コーヴ」の制作者や出演者へのインタビューも含まれています。

    「(映画祭の)主催者側も皆さん反捕鯨だが、それでもニュートラル(中立)で良い映画と評価してもらえたのは、自分でも予想以上だった」(「ビハインド・ザ・コーヴ」 八木景子 監督)

    映画祭の主催者は、映画の主張の是非ではなく映画への情熱やメッセージ性を評価したとしています。

    ─18日11時19分─
    TBSニュース
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3295471.html


    【【八木監督】『ビハインド・ザ・コーヴ』が「長編ドキュメンタリーベスト監督賞」受賞!】の続きを読む

    このページのトップヘ