ムビ太郎の部屋

ムビ太郎の部屋は5chやTwitter等で、洋画・邦画をはじめ世界のTVドラマ、アニメ等※全ての映像についての情報をまとめています。新しい映像だけではなく古い映像も掘り起こして情報発信していきますので、意見交換などよろしくお願い致します。※AV等は除きます。

    カテゴリ: 洋画



    (出典 pbs.twimg.com)


    スリラー洋画情報まとめ!

    1 湛然 ★ :2018/02/23(金) 05:22:28.61 ID:CAP_USER9.net

    2018年2月22日 16:30

    エドワード・ノートン監督の新作スリラーにブルース・ウィリス、アレック・ボールドウィン

    [映画.com ニュース] エドワード・ノートンが監督・脚本・主演する新作スリラー「マザーレス・ブルックリン(原題)」に、ブルース・ウィリス、アレック・ボールドウィン、ググ・バサ=ローが出演することがわかった。

    米Deadlineによれば、本作は、作家ジョナサン・レセム著の同名小説をもとに映画化する企画。原作は1950年代のニューヨークを舞台に、トゥレット障害を抱える孤独な探偵ライオネル・エスログが、ボスであり唯一の友人だったフランク・ミナを殺した犯人を探す物語。映画では、ライオネル役をノートンが、フランク役をウィリスが演じる。

    ほかに、レスリー・マン、ウィレム・デフォーが共演。「マザーレス・ブルックリン」は、現在ニューヨークで撮影が進行している。



    (出典 eiga.k-img.com)

    http://eiga.com/news/20180222/15/


    【【スリラー映画】『マザーレス・ブルックリン』エドワード・ノートン監督の新作!】の続きを読む



    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)


    ミュージカル洋画情報まとめ!

    1 shake it off ★ :2018/02/20(火) 00:26:45.56 ID:CAP_USER9.net

    2月17日、18日の全国映画動員ランキングは、ヒュー・ジャックマンが主演を務めたミュージカルエンタテインメント『グレイテスト・ショーマン』(全国376館)が初登場でトップに輝いた。

    『グレイテスト・ショーマン』(全国403スクリーン)は、2月16日の公開初日から3日間で動員35万5081人、興収5億815万1200円を記録しており、ヒュー・ジャックマンが出演したミュージカル映画『レ・ミゼラブル』(全国360スクリーン)のオープニング3日間の興収3億7818万6150円を上回った。

    2位から4位までは先週のTOP3『今夜、ロマンス劇場で』(全国298館)、『祈りの幕が下りる時』(全国335館)、『不能犯』(全国296館)がそのままスライド。『羊の木』は順位をキープして5位につけている。

    そのほか、公開10週目に入った『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(全国369館)が9位に、新作では『仮面ライダーパラドクスwithポッピー』(全国22館)が11位に入った。

    次週は『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』『劇場版Infini-T Force/ガッチャマン さらば友よ』『さよならの朝に約束の花をかざろう』『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』などが封切られる。

    全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)
    1位『グレイテスト・ショーマン』
    2位『今夜、ロマンス劇場で』
    3位『祈りの幕が下りる時』
    4位『不能犯』
    5位『羊の木』
    6位『マンハント』
    7位『ジオストーム』
    8位『パディントン2』
    9位『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
    10位『嘘を愛する女』

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180219-00010003-piaeigat-movi


    【【好評】『グレイテスト・ショーマン』動員ランキング初登場第1位!】の続きを読む



    (出典 theriver.jp)


    アニメ洋画情報まとめ!

    1 衛星軌道中立隊 ★ :2018/02/17(土) 23:32:22.76 ID:CAP_USER.net

    15年前に廃業したスーパーヒーローが、一般人としての暮らしに四苦八苦しつつも、ヒーローとしての仕事と家族の絆を取り戻していく姿を描いた映画「Mr.インクレディブル」の続編で、
    2018年8月1日に公開されることが決まっている「インクレディブル・ファミリー」の新たな映像が公開されました。2017年11月に公開されたティザー予告編は再生回数が7900万回という圧倒的な注目を集めていて、
    この映像も公開から2日間で900万回以上再生されています。

    Incredibles 2 - Olympics Sneak Peek - YouTube

    (出典 Youtube)


    ディズニー・ピクサーの長編アニメ映画20作目となる「インクレディブル・ファミリー」は2018年8月1日(水)公開予定です。なお、2017年12月17日に公開された特報映像には、
    ジャック=ジャックがどれだけの力を秘めているかがぎゅっと凝縮されています。

    「インクレディブル・ファミリー」特報 - YouTube

    (出典 Youtube)


    イカソース
    https://gigazine.net/news/20180216-incredibles-2-incredible-family/


    【【新映像公開】『インクレディブル・ファミリー』Mr.インクレディブルの続編】の続きを読む



    (出典 www.valerian.jp)


    SF洋画情報まとめ!

    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/02/17(土) 05:48:41.05 ID:CAP_USER9.net

    THE ALFEE、声優に挑戦! “三位一体” 3匹のエイリアン役の日本語吹替え
    2018.02.15 20:17
    http://japan.techinsight.jp/2018/02/sekihara02151815.html

    (出典 static.techinsight.jp)

    THE ALFEEが3人揃って吹替えに挑戦!

    今年結成45周年になる長寿バンド・THE ALFEE(桜井賢・坂崎幸之助・高見沢俊彦)が、3人そろって映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』で日本語吹替え版の声優を務めたことが明らかになった。
    14日には都内にて開催された同作の『日本語吹替え版完成披露イベント』に登場し、詰めかけた300名の観客を沸かせた。

    巨匠リュック・ベッソン監督によるSF超大作『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』(3月30日公開)で、THE ALFEEが声を担当したのは、情報屋トリオのエイリアン「ドーガン=ダギーズ」。
    見た目はハトのようで“ぶさ可愛い”が、実は5,000もの言語を駆使できる頭脳の持ち主で、物語のカギを握るキーマンだ。
    彼らは、1匹目が話し始めると2匹目がそれを引き継ぎ、3匹目が締めくくるという話し方をする。それは、3匹で一つの情報を分割して持っているため、1匹でも欠けてしまうと情報が不完全なものになってしまうからだ。

    そんなどこかTHE ALFEEを彷彿とさせる“三位一体”の「ドーガン=ダギーズ」役を引き受けた理由について、坂崎幸之助が
    「こういうチャンスはなかなかあるもんじゃない。しかも人間の役じゃないもんね。俳優さんはイメージがあるから難しいけど、うちらは関係ないからこういうキャラが出来るんです」と笑いながらコメント。
    また桜井賢は、演技について「役作りしようがない。これは現場でプロに教えてもらおうと。3人の掛け合いはコンサートと一緒だからね」と長年彼らが活動の中心としているコンサートが役立ったようだ。

    >>2以降へ続く


    【【リュック・ベッソン】『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』THE ALFEE日本語吹替え】の続きを読む



    (出典 theriver.jp)


    アクション洋画情報まとめ!

    1 自治郎 ★ :2018/02/15(木) 20:37:31.93 ID:CAP_USER9.net

     トム・クルーズが不可能なミッションに挑む凄腕エージェントを演じる大ヒットスパイアクション第6弾『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』から、トムの決*スタントを集めた日本版予告編が公開された。

     何事にも全力で挑む姿勢で知られ、危険なスタントも、可能な限り自らこなすトム。そんな彼が生身で挑む常識破りのアクションもシリーズの見せ場となっており、これまで、世界一高い超高層ビルから宙づりになったり、時速400キロ以上で飛ぶ軍用機の外側に張り付いたりと印象的なシーンを作り上げてきた。

     ファン待望となる新作の予告編は、いきなりトムが山脈を飛行するヘリコプターにロープでぶら下がり、そのまま落ちるショッキングなアクションからスタート。高さ600メートル、ビルにして約110階相当というノルウィーの絶壁「プレーケストーレン」でのクライミングや、パリ・凱旋門を猛スピードで駆け抜けるバイクシーンなど、55歳にして相変わらず全力投球なトムの姿を見ることができる。

     さらに、撮影中にトムが骨折したことで話題となった、ビルの屋上に飛び移ろうとしたイーサンが壁にぶつかる、あのジャンプシーンも登場。横から見ると、いかに“不可能”な距離を飛んでいたのかが一目瞭然だ。

     このシーンについてトムは、イギリスBBCのトーク番組「グラハム・ノートン・ショー」内で、「全速力でジャンプして、壁の一面にぶつかって、這い上がり、カメラの側を走っていくという撮影だったんだ。(ぶつかって)瞬時に骨折したことを悟った。それでも、カメラの側を走り抜け、そのショットをものにした。あの横顔のショットはどちらも映画に出てくるんだ」と骨折しても撮影を続けたばかりか、カットの一部が本編に使用されていることを明かしている。今回も、スクリーンからトムのパワーがほとばしる一作になりそうだ。

     メガホンを取ったのは、前作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』を手掛けたクリストファー・マッカリー。サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソンなど前作からの続投メンバーに加え、イーサンの妻ジュリアを演じるミシェル・モナハン、さらにスーパーマン役で知られるヘンリー・カヴィルが、イーサンのライバルとなるCIAエージェント・ウォーカー役で出演する。(編集部・入倉功一)

     映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は8月3日より全国公開

    2018年2月15日 7時00分
    https://www.cinematoday.jp/news/N0098425

    こんなん*じゃうよぉ~! トム・クルーズ決*アクションは健在!

    (出典 img.cinematoday.jp)


    トム・クルーズ、やっぱり全力!『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』予告編

    (出典 Youtube)


    【【予告】トム骨折シーン使用!『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』】の続きを読む

    このページのトップヘ