ムビ太郎の部屋

ムビ太郎の部屋は5chやTwitter等で、洋画・邦画をはじめ世界のTVドラマ、アニメ等※全ての映像についての情報をまとめています。新しい映像だけではなく古い映像も掘り起こして情報発信していきますので、意見交換などよろしくお願い致します。※AV等は除きます。

    カテゴリ: 洋画



    (出典 images.ciatr.jp)


    SF洋画情報まとめ!

    1 シャンティ ★ :2018/04/10(火) 18:46:06.00 ID:CAP_USER9.net

     生みの親ジェームズ・キャメロン監督がプロデュースする『ターミネーター』新三部作。ターミネーター役のアーノルド・シュワルツェネッガーの続投はもちろん、サラ・コナー役の女優リンダ・ハミルトンがシリーズに復帰するなどエキサイティングなニュースが届いているが、全米公開予定日が現地時間2019年7月26日から11月22日に延期されたという。

     アーノルドは3月末から4月にかけてカテーテル弁の置換術を受けたが、合併症を起こして開胸手術になったと伝えられている。Deadlineによるとこの手術と公開予定日変更は関係ないようだ。アーノルドは既に退院している。

     アーノルドは以前のインタビューで、『ターミネーター』新三部作の第1弾が6月から10月にかけて撮影されると話していた。2016年のヒット作『デッドプール』の監督ティム・ミラーがメガホンを取る。

     シリーズは物語が繫がっている1作目から2009年の『ターミネーター4』までと、2015年にエミリア・クラーク主演でリブートされた『ターミネーター:新起動/ジェニシス』がある。新三部作は、キャメロンが関わっていない3作を飛ばして『ターミネーター2』から直結するストーリーになると伝えられている。

    原文はこちらで
    クランクイン!
    4/10(火) 12:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-00055260-crankinn-movi


    【【公開延期】『ターミネーター』新三部作!シュワちゃん続投!リンダ・ハミルトン復帰!!】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    SF洋画情報まとめ!

    1 シャンティ ★ :2018/04/09(月) 12:16:40.23 ID:CAP_USER9.net

     米Walt Disney傘下のLucasfilmは4月8日(現地時間)、米国で5月25日(日本では6月29日)公開予定の「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ作品「Solo: A Star Wars Story(邦題:ハン・ソロ)」のトレーラー第2弾を公式YouTubeチャンネルで公開した。

     この映画は、同シリーズの主要キャストの1人、ハン・ソロ(オリジナルの配役はハリソン・フォード)が、ルーク・スカイウォーカーやレイア姫と出会う前を描くもの。ソロ役はアルデン・エーレンライク(29)が演じる。

     新トレーラーは2分25秒あり、エミリア・クラークが演じるソロの仲間であり、ロマンスの可能性も匂わせるキーラの「何が目的? 復讐? 金? それとも他の何か?」というセリフで始まる。

     この映画ではチューバッカ(演じるのはヨーナス・スオタモ)との出会いと友情も大きな柱になる。トレーラーではチューバッカが190歳だと言うシーンもあり、このエピソードが「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」より約10年前の設定であることが分かる。

     「ハン・ソロ」は、ロン・ハワード監督作品。公式サイトによると「生涯の相棒チューバッカや愛機ミレニアム・ファルコンとの出会いと絆、そしてこれまで語られたことのないロマンス・・・かつてない冒険に満ちたアクション・エンターテイメントが誕生!」という。

    全文はこちらで
    ITmedia NEWS
    4/9(月) 11:12配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000023-zdn_n-sci

    動画

    (出典 Youtube)


    【【スピンオフ】『ハン・ソロ』のトレーラー第2弾を公式YouTubeチャンネルで公開!】の続きを読む



    (出典 theriver.jp)


    SFアクション洋画情報まとめ!

    1 イセモル ★ :2018/03/26(月) 18:35:01.20 ID:CAP_USER9.net

    漆黒のヒーローを描いたマーベル映画『ブラックパンサー』の北米での累計興行収入が現地時間24日、速報値で6億2,625万2,236ドル(約688億8,774万5,960円)に達し、2012年の『アベンジャーズ』(最終興収6億2,335万7,910ドル・685億6,937万100円)を抜いてスーパーヒーロー映画史上最大のヒット作となった。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)
    https://m.cinematoday.jp/news/N0099555


    【【MARVEL】『ブラックパンサー』スーパーヒーロー映画史上最大のヒット作に!】の続きを読む



    (出典 eiga.k-img.com)


    バイオレンス洋画情報まとめ!

    1 名無シネマ@上映中

    2月1日公開
    公式http://www.foxmovies-jp.com/threebillboards/


    【『スリー・ビルボード 』色々と複雑な感じの映画みたいな…】の続きを読む



    (出典 assets.media-platform.com)


    SFアクション洋画情報まとめ!

    1 湛然 ★ :2018/03/20(火) 05:47:12.50 ID:CAP_USER9.net

    Naoto Nakatani2018年3月19日 12:45 PM
    映画『マトリックス』復活準備中、新キャラクターで ─ 「いろいろと違った方向性になるかも」、続編やリブートではない |

    1999年に公開され、ワイヤーアクションやバレットタイムなどの革新的な映像で数多くのフォロワー作品を生み出した名シリーズ『マトリックス』が、再出発に向けて動いている。この度は、キアヌ・リーヴスが演じたネオとは異なるキャラクターらによる新たな物語の可能性が新たに示唆された。

    この意欲的なプロジェクトを進行するのは、『インクレディブル・ハルク」(2008)脚本や『アベンジャーズ』(2012)原案を手がけた脚本家のザック・ペンで、脚本参加の最新作『レディ・プレイヤー1』が間もなく公開。これにあたってScreen Rantに登場したインタビューにて、新『マトリックス』の現状を伝えている。

    「今、『マトリックス』に取り組んでいるんです。このフランチャイズを復活させるのに必死で、あまり詳しくはお話できないんですが、もう一度やりましょうと長年ワーナー・ブラザーズを突付いています。これが今取り組んでいる仕事のひとつで、他にもいくつか進めています。」

    『マトリックス』再計画が伝えられたのは2017年3月のこと。それから同年10月には、企画は依然としてごく初期状態にあり、ザック・ペン氏が「リブートや続編ではない」というコンセプトと、「キャスティングや監督も決まっておらず、まだ何もない状態」との状況をアップデートしていた。この度のインタビューでは、改めて『マトリックス』復活に向けて赤いカプセルを内服した意気込みを語っている。

    「“マジかよ、マトリックスがリブートされるんだってよ”という反応がありましたが、良いじゃないですか。僕は正気ですよ。『マトリックス』は今でも大好きだし…。再リリースすれば、みんな観に行くはず。」

    まだまだ準備段階の新『マトリックス』だが、ペン氏によれば、キアヌ・リーヴスやキャリー=アン・モス、ローレンス・フィッシュバーンやヒューゴ・ウィーヴィングらが演じたオリジナル版のキャラクターではなく、別のキャラクターによる新たなストーリーを構想しているようである。

    「『マトリックス』は(当時)プレミア上映で観たのですが、これは思っていたよりもずっと良いぞという感覚でした。あのユニバースは素晴らしいと思う。(『レディ・プレイヤー1』に登場する仮想現実世界の)OASISは、それのアクション・コメディ版のようなものかな。(新『マトリックス』では)同じキャラクターを使わなくてはいけないということはないし、だから(オリジナルとは)いろいろと違った方向性になるかも…。」

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)



    (出典 theriver.jp)

    https://theriver.jp/matrix-another-characters/


    Exclusive: Zak Penn Wants To Expand The Matrix Universe
    https://screenrant.com/matrix-reboot-zak-penn-shared-universe/


    【『マトリックス』復活準備中!続編やリブートではない!】の続きを読む

    このページのトップヘ