ムビ太郎の部屋

ムビ太郎の部屋は5chやTwitter等で、洋画・邦画をはじめ世界のTVドラマ、アニメ等※全ての映像についての情報をまとめています。新しい映像だけではなく古い映像も掘り起こして情報発信していきますので、意見交換などよろしくお願い致します。※AV等は除きます。

    カテゴリ: 洋画



    (出典 i.gzn.jp)


    SF洋画情報まとめ!

    1 湛然 ★ :2018/03/01(木) 05:01:16.47 ID:CAP_USER9.net

    2018-03-01 04:00

    映画『ハン・ソロ』日本版ポスターで奇跡の3ショットが実現

     若きハン・ソロの知られざる過去を描く「スター・ウォーズ」最新作『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(6月29日公開)の日本のために特別に作られた第1弾ポスターと日本版特報が解禁された。

     ポスターには、もはやキャラクターの1人のようにファンの熱い支持を受けている銀河一の高速船「ミレニアム・ファルコン」と、若きハン・ソロ、そして“生涯の相棒”チューバッカの“3ショット”をデザイン。日本版特報では、銀河一のパイロットを目指す若きソロの姿はもちろん、ソロが恋に落ちることになる謎に満ちた美女キーラや、ファルコンの元の持ち主であるソロの悪友ランド・カルリジアンの姿を見ることができる。

     高速船ミレニアム・ファルコンを操り、相棒であるウーキー族のチューバッカとともに、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977年)に初登場した、伝説の運び屋ハン・ソロ。大人のユーモアセンスと圧倒的な自信、ミステリアスな存在感と、アウトローでありながら内に秘めた正義感で数々の試練に立ち向かうその姿は、男性はもちろん女性からも絶大な支持を得て、唯一無二の伝説的な存在となった。

     本作では、『新たなる希望』でルークやレイアと出会う前の、これまで映画で描かれてこなかったミステリアスな過去が明かされる。それはどんな波乱と興奮に満ちているのだろうか。

     注目したいのは、ミレニアム・ファルコンの形状。『新たなる希望』で初登場した時は既にボロボロで「銀河系最速のガラクタ」と呼ばれていた。本作では、そのボロボロになる前の姿で登場するのだ。大きな違いとして目を引くのは、その先端部分。解禁されたビジュアルを見ると、これまでの作品ではツノのように分かれていた部分が分かれていない。なぜ、先端が2つの割れた姿で定着することになったのか? ソロの過去と共に、ミレニアム・ファルコンの歴史も明かされるのではないかという期待が高まる。


    映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(6月29日公開)日本独自の第1弾ポスターは、ハン・ソロ、チューバッカ、ミレニアム・ファルコンという奇跡の3ショット(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

    (出典 contents.oricon.co.jp)

    https://www.oricon.co.jp/news/2106645/full/


    【【特報解禁】映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』日本版ポスター奇跡の3ショット?】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    アクション洋画情報まとめ!

    1 湛然 ★ :2018/02/28(水) 05:32:43.32 ID:CAP_USER9.net

    2018.02.27 Tue posted at 15:55 JST

    「ブラックパンサー」、2週目で世界興収750億円突破

    ニューヨーク(CNNMoney) マーベルの新作スーパーヒーロー映画「ブラックパンサー」は公開2週目も好調で、世界での興行成績は7億ドル(約750億円)を突破した。

    米市場での2週目の興収は推計1億800万ドル。公開2週目で興収が1億ドルを突破した作品としては史上4作目。「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」や「ジュラシック・ワールド」「アベンジャーズ」といったヒット作と並んだ形だ。

    ブラックパンサーはまだ、日本や中国では公開されていない。

    マーベルの作品としては5番目の成績を挙げている。このままいけば、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」や「アイアンマン3」の興収を上回る公算は大きい。

    国内での観客動員は前週比47%減にとどまった。調査会社コムスコアによれば、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」や「アベンジャーズ」といった作品よりも落ち込みの幅は小さい。これらの作品は60%近く動員が落ち込んでいた。

    ブラックパンサーは公開1週目の週末で2億180万ドルの興収となり、さまざまな新記録を打ち立てた。映画評論サイト「ロッテン・トマト」でも満足度は満点に近い97%を記録しており、スーパーヒーローものとしては過去最高水準。


    ブラックパンサーの世界興収が2週目で750億円を突破した
    https://www.cnn.co.jp/storage/2018/02/27/f4d03fce92e2e98b85a161b51017d716/bla*-panther-mbaku-winston-duke.jpg
    https://www.cnn.co.jp/showbiz/35115317.html


    【【MARVEL】『ブラックパンサー』2週目で世界興収750億円突破!】の続きを読む



    (出典 www.100hdwallpapers.com)


    ハリウッド映画事情情報まとめ!

    1 名無しさん@涙目です。 :2018/02/26(月) 10:59:34.05 ID:VowXTvmJ0.net BE:837857943-PLT(16930)


    大物プロデューサーによるセクハラ事件の余波に揺れる米ハリウッド。そのハリウッドが、3月4日(日本時間5日)に行われる
    米映画界最大のイベント、アカデミー賞の授賞式を前に、新たな問題に直面している。昨年の映画館入場者数が過去最大級の減少幅となるなど、米国民の映画離れが鮮明となっているのだ。インターネット動画配信サービスとの競争も激化。
    世界中の人々に夢を与えてきた「映画の都」は、セクハラ騒動、映画離れ、ネットとの競争という三重苦に見舞われている。

    https://news.yahoo.co.jp/byline/inosehijiri/20180226-00082042/

    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    【【深刻】セクハラ騒動、映画離れ、ネット競争という三重苦!映画館の入場者数減少が過去最大!】の続きを読む



    (出典 www.fashion-press.net)
    洋画アニメ情報まとめ!

    1 ばーど ★ :2018/02/27(火) 10:10:49.82 ID:CAP_USER9.net


    (出典 daily.c.yimg.jp)


     お笑いタレントの渡辺直美(30)がディズニーのアニメーション映画「リメンバー・ミー」(3月16日公開)のポスターに登場することが26日、分かった。写真家の蜷川実花氏(45)が撮影したもので、映画のモチーフにもなっているメキシコのお祭り「死者の日」風のカラフルな世界観を体現した。

     ポスターは「死者の日」の祭壇をイメージしたセットの前でほほ笑むパターン、黄色い花をバックに黄色い衣装を着たバストアップ、赤と黒のストライプの衣装で青空をバックにしたパターンの3種類。蜷川氏は「かなり気合を入れてセットや衣装などのイメージを考えました。私がとても大好きな世界観で、そこに直美ちゃんが入るというのはぴったりでした」と手応えを感じている。

     渡辺も「まさに映画の世界にいるような感じですごく楽しく撮影させていただきました」と蜷川氏とのタッグを楽しんだ様子。同作の日本語吹き替え版で、死者の国にいるメキシコの画家フリーダ・カーロの声優を担当したが「祭壇前の衣装はフリーダをイメージしていてすごく好き」と大満足だった。

     映画はカラフルな死者の国に迷い込んだ、ミュージシャンを夢見る少年ミゲルと、死者の国の住人で家族が恋しいガイコツのヘクターの友情と冒険を描いている。すでに全世界で興行収入750億円を突破。メキシコでは興収で歴代1位を獲得している。3月4日(日本時間5日)に開催される「第90回米アカデミー賞」では長編アニメーション賞と主題歌賞にノミネートされており、こちらも注目されている。

    2018.02.27
    デイリースポーツ
    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/02/27/0011021929.shtml


    【【芸能】渡辺直美がディズニー映画「リメンバー・ミー」のポスターモデルに 蜷川実花とタッグ】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)


    スリラー洋画情報まとめ!

    1 湛然 ★ :2018/02/23(金) 05:22:28.61 ID:CAP_USER9.net

    2018年2月22日 16:30

    エドワード・ノートン監督の新作スリラーにブルース・ウィリス、アレック・ボールドウィン

    [映画.com ニュース] エドワード・ノートンが監督・脚本・主演する新作スリラー「マザーレス・ブルックリン(原題)」に、ブルース・ウィリス、アレック・ボールドウィン、ググ・バサ=ローが出演することがわかった。

    米Deadlineによれば、本作は、作家ジョナサン・レセム著の同名小説をもとに映画化する企画。原作は1950年代のニューヨークを舞台に、トゥレット障害を抱える孤独な探偵ライオネル・エスログが、ボスであり唯一の友人だったフランク・ミナを殺した犯人を探す物語。映画では、ライオネル役をノートンが、フランク役をウィリスが演じる。

    ほかに、レスリー・マン、ウィレム・デフォーが共演。「マザーレス・ブルックリン」は、現在ニューヨークで撮影が進行している。



    (出典 eiga.k-img.com)

    http://eiga.com/news/20180222/15/


    【【スリラー映画】『マザーレス・ブルックリン』エドワード・ノートン監督の新作!】の続きを読む

    このページのトップヘ