ムビ太郎の部屋

ムビ太郎の部屋は5chやTwitter等で、洋画・邦画をはじめ世界のTVドラマ、アニメ等※全ての映像についての情報をまとめています。新しい映像だけではなく古い映像も掘り起こして情報発信していきますので、意見交換などよろしくお願い致します。※AV等は除きます。

    カテゴリ: 映画事情



    (出典 si.wsj.net)


    映画監督情報まとめ!

    1 れいおφ ★ :2018/03/25(日) 05:54:25.50 ID:CAP_USER9.net

    スティーブン・スピルバーグ監督は英ITVニュースのインタビューに対し、動画配信サービスの作る映画はアカデミー賞にはふさわしくないと述べた。

    スピルバーグ監督は、NetflixやAmazonのような動画配信サービスは「映画の観客に対する本物の脅威」だという見方を示した。

    スピルバーグ監督は、テレビ用に取られた映画と映画館用に作られた映画を同列に並べることは間違っているとして、「実際に良ければ、エミー賞は取れるでしょうが、アカデミー賞は違います。
    …いくつかの映画館で1週間未満上映される映画がアカデミー賞にノミネートされる資格があるとは思わない」と指摘した。

    スピルバーグ監督は、現在、テレビは今まで以上にいい時代を経験しているとして「最良のシナリオ、監督、俳優です。テレビは実際に質が良くなった」と認める。

    Netflixに対する同様の見方はクリストファー・ノーラン監督も抱いている。
    ノーラン監督は、Netflixが映画館でプレミア上映をせずに、全てをオンラインで公開することが気に入らないと述べた。

    https://jp.sputniknews.com/life/201803254711901/

    「一度テレビというフォーマットに決めたのなら、それはもうTV映画です」

    スティーヴン・スピルバーグはNetflixやHuluといったストリーミングサービスのオリジナル映画はアカデミー賞にノミネートされるべきではないと考えているようだ。

    ITV Newsのインタビューに答えたスピルバーグは(ScreenCrushより)、Netflixのような大手ストリーミングサービスが独自の映画を制作していることや、そのことが映画業界にどのような影響を与えるかを語っている。
    スピルバーグによると、これらの映画はTVのフォーマットで視聴されるため、アカデミー賞ではなくエミー賞を取るべきだという。

    「一度テレビというフォーマットに決めたのなら、それはもうTV映画です」とスピルバーグは語る。
    「もし良い番組だったら、もちろんエミー賞を取るべきですが、オスカーではありません。
    1つか2つの劇場で1週間ほど限定公開されたからといって、アカデミー賞の資格を与えるべきではないと思います」

    このインタビュー中、スピルバーグ監督はNetflixやその他のストリーミングサービスがどのように映画業界に影響を与えているかも語っている。
    スピルバーグは大手スタジオがかつて制作していたようなインディー系の映画がNetflix、Hulu、Amazonに流れていると考えている。

    「今、多くのスタジオは小さな映画でリスクを冒すよりも、ブランドがあり、これまでの過去作から興行成績が保証されているような大作映画を作りたがります」とスピルバーグ。
    「スタジオが定期的に作っていた小さい映画が今度はAmazon、Hulu、Netflixに流れています。
    質と芸術性が高まって、TV業界は今とても繁栄しています。ですが、映画を観に行く人達にとっては明確な危険があります」

    Netflixは今年、オリジナル映画「マッドバウンド 哀しき友情」で助演女優賞を含む3つのアカデミー賞にノミネートされている。
    また、本作の撮影を担当したレイチェル・モリソンは女性として初めてアカデミー撮影賞にノミネートされている。

    http://jp.ign.com/movie/23254/news/netflix


    【【動画配信】スピルバーグ監督!Netflix映画はアカデミー賞にふさわしくないとの見解⁈】の続きを読む



    (出典 www.100hdwallpapers.com)


    ハリウッド映画事情情報まとめ!

    1 名無しさん@涙目です。 :2018/02/26(月) 10:59:34.05 ID:VowXTvmJ0.net BE:837857943-PLT(16930)


    大物プロデューサーによるセクハラ事件の余波に揺れる米ハリウッド。そのハリウッドが、3月4日(日本時間5日)に行われる
    米映画界最大のイベント、アカデミー賞の授賞式を前に、新たな問題に直面している。昨年の映画館入場者数が過去最大級の減少幅となるなど、米国民の映画離れが鮮明となっているのだ。インターネット動画配信サービスとの競争も激化。
    世界中の人々に夢を与えてきた「映画の都」は、セクハラ騒動、映画離れ、ネットとの競争という三重苦に見舞われている。

    https://news.yahoo.co.jp/byline/inosehijiri/20180226-00082042/

    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    【【深刻】セクハラ騒動、映画離れ、ネット競争という三重苦!映画館の入場者数減少が過去最大!】の続きを読む



    (出典 up.gc-img.net)


    邦画情報まとめ!

    1 湛然 ★ :2018/02/09(金) 06:19:32.57 ID:CAP_USER9.net

    2/9(金) 6:00 オリコン

    キスマイ北山、映画初主演で猫&父親役に挑戦 妻役には多部未華子

     人気グループ・Kis-My-Ft2の北山宏光が、来年公開される映画『トラさん』で初主演を務めることが、わかった。
    同作は2014年より集英社『月刊YOU』に連載された同名漫画を実写化。北山は一度事故で*も家族のもとに“猫”の姿で戻される主人公・高畑寿々男を演じる。
    初の父親、もちろん初の猫役にも挑戦する北山は「撮影に向けては今、猫の動きを研究中です。やっぱり見ちゃいますよね(笑)。
    子供の頃、猫を飼っていたので、一緒に遊んでいた時のことを思い出したりもしています。細かな仕草などにもこだわって演じてみたいです」とやる気をみせている。

     売れない漫画家で身の程知らずなポジティブ男である寿々男は酒とギャンブルに溺れる日々を送るなか、ある日、競輪で大当たりして大喜びした帰り道に交通事故で*でしまう。
    何の覚悟も、次の作品の発表も、何の教訓も、残さないまま嫁と娘を残してこの世を去った寿々男だったが、目覚めると*だ人間が面接を受け、次の命が決められる『関所』だった。
    寿々男のあまりのクズっぷりに、呆れ顔の裁判長は「執行猶予一ヶ月。家族の元へ戻り、家族の本当の心・自身の本当の心を見つめ直すものとする。…ただし、猫として」と判決を下す。

     オファーを受け北山は「今回のお話を頂いて、まず『僕が?』っていう驚きがありました。映画に出演させていただくのは初めてですし、もちろん映画の主演も初めて。
    そのあとに『猫役なんだけど』と聞いた時は、『どういうこと?』と思いましたが(笑)」と戸惑いつつ「原作を読ませてもらって、なるほどそういうことかと思いました。
    原作は、うるっとするところもあるんですが、ただ悲しいだけじゃなく、温かいお話で、読み終わった後に心がほっこりしました」と感想を明*。

     猫の姿で帰ってきた寿々男を迎え入れる、妻・奈津子を女優の多部未華子、娘・実優には子役の平澤宏々路が起用。
    ともに初共演となる北山だが「多部さんはしっかりとした、芯の強い女性というイメージがあります。
    宏々路ちゃんは、かわいいですよね。小さい子と接することはあまりないので、こちらが緊張しているくらいです。
    家族のいい雰囲気を出せるよう、これから現場でたくさんコミュニケーションを取っていきたいと思います」とクランクインを心待ちに。

     そんな北山の妻を演じる多部は「とても仲の良い家族の設定ですので、和気あいあいと楽しめたらいいなと思います。
    北山さんは、バラエティー番組でご一緒したことがあるのですが、輪の中心となって場を盛り上げてくれるイメージがあるので、現場が今から楽しみです。
    原作では、トラさんは猫だから私は猫さんとたくさん一緒の時間を過ごすことになると思うので、猫さんとのお芝居もとても楽しみにしています」と期待を寄せた。

     北山は「寿々男は、ダメダメなキャラクターですが、だんだんと心が変化していきます。
    人間の心が動いていくことに僕はこの作品の魅力を感じているので、ご覧になる方の心も動いてくれるとうれしいですし、そういう演技ができればと思っています」と意気込みを語っている。

     原作の板羽皆氏は「キャストの皆様も大好きな方々で、今から映像になったトラさんを観るのが楽しみで仕方ありません」と、かみ締め、
    カムバック新連載が月刊『YOU』4月号(3月15日発売)よりスタートすることもあわせて発表した。


    Kis-My-Ft2の北山宏光が主演する映画『トラさん』に出演する多部未華子・平澤宏々路

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180207-00000342-oric-ent


    【【実写化】『トラさん』Kis-My-Ft2の北山宏光が初主演で猫役だが...】の続きを読む

    このページのトップヘ