ムビ太郎の部屋

ムビ太郎の部屋は5chやTwitter等で、洋画・邦画をはじめ世界のTVドラマ、アニメ等※全ての映像についての情報をまとめています。新しい映像だけではなく古い映像も掘り起こして情報発信していきますので、意見交換などよろしくお願い致します。※AV等は除きます。

    カテゴリ: ラブコメ



    (出典 img.cinematoday.jp)


    邦画情報まとめ!

    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/02/19(月) 12:23:59.65 ID:CAP_USER9.net

    映画「となりの怪物くん」主題歌は西野カナ、菅田将暉&土屋太鳳も喜びのコメント
    2018年2月19日 5:00 コミックナタリー
    https://natalie.mu/comic/news/270057

    映画「となりの怪物くん」場面写真

    (出典 cdnx.natalie.mu)


    西野カナ

    (出典 cdnx.natalie.mu)


    ろびこ原作による実写映画「となりの怪物くん」の主題歌が、西野カナの「アイラブユー」に決定した。

    4月27日より全国公開される実写映画「となりの怪物くん」。勉強第一の優等生・水谷雫役を土屋太鳳、問題児・ハルこと吉田春役を菅田将暉が演じる本作は、2人を中心とした青春ストーリーだ。主題歌に決まった「アイラブユー」について、西野は「女の子の本音がたくさんつまった、“メッセージラブソング”」と語り、「大切な人に対して『やっぱり私はキミでよかった』と、ふと思う瞬間を歌にしました」とコメントしている。さらに西野の「Best Friend」など5曲が挿入歌として使用されることも明らかになった。

    また主題歌と挿入歌の一部を使用した予告映像も解禁に。名言がちりばめられた映像には、菅田演じるハルの笑顔や、土屋演じる雫の号泣シーンなどが映し出された。

    ■西野カナコメント

    この度、映画「となりの怪物くん」の主題歌を担当させて頂き、とても光栄に思っています。
    主題歌「アイラブユー」は、女の子の本音がたくさんつまった、“メッセージラブソング”です。
    大切な人に対して「やっぱり私はキミでよかった」と、ふと思う瞬間を歌にしました。
    お互いに不器用ながらも、次第に心を通わせていく春と雫のように、
    皆さんも、この曲を聴いて、となりの大切な人との絆を深めてもらえたら嬉しいです。

    ■菅田将暉(吉田春役)コメント

    全編通して使用されている西野カナさんらしいストレートな言葉の楽曲の数々がとても作品にハマっていて、おかげで素敵な映画になったと思います。
    主題歌の「アイラブユー」は、仲間たちとの時間、そして、大切な人たちとの出会いの時間を、懐かしく振り返ることのできる楽曲で、観終わったあとに「となりの怪物くん」の余韻に浸れる、温かい気持ちになれる楽曲でした。

    ■土屋太鳳(水谷雫役)コメント

    すごい……! 西野カナさんは、青春の天才です。この歌が描く景色も時間も恋も、なんて素敵なんだろう。聴いた瞬間、胸いっぱいにフレッシュジュースみたいな甘酸っぱい想いが広がって、懐かしくて、優しくて。この気持ちを早く月川組の皆と、そして観てくださる方々と共有したい! うずうずしながら、春を待ちたいと思います。

    ■月川翔監督コメント

    西野カナさんには主題歌のみならず、劇中で5曲もの楽曲を提供していただきました。
    100分の映画で高校時代の3年間、そして多くの魅力的な登場人物を描くにあたり、どうしても直接は描かれない余白が生じますが、その余白を、西野カナさんの楽曲が豊かに膨らませてくださいました。西野さんの楽曲には、誰もが感じたことのある心の機微を感じさせてくれる魅力があります。その真骨頂が今回の主題歌「アイラブユー」だと僕は思います。映画を見終えた皆さんの心にも届くことを願っております。


    【【実写映画】『となりの怪物くん』4月27日全国公開!主題歌は西野カナに!】の続きを読む



    (出典 3.bp.blogspot.com)


    ラブコメ洋画情報まとめ!

    2 名無シネマ@上映中

    原題:Cafe Society

    【監督・脚本】
    ウッディ・アレン

    【出演】
    ジェシー・アイゼンバーグ
    クリスティン・スチュアート
    ブレイク・ライブリー
    スティーブ・カレル


    【【ウッディ・アレン】『カフェ・ソサエティ』 ストレートに優しい映画だったな~ 】の続きを読む


    邦画情報まとめ!

    1 ストラト ★ :2018/01/12(金) 10:20:00.81 ID:CAP_USER9.net

    女優の桜田ひより(15)が11日、都内で初主演映画「咲―Saki―阿知賀編 episode of side―A」(小沼雄一監督、20日公開)の完成披露舞台あいさつに出席した。

    小林立氏の人気漫画の実写化第2弾。
    主人公・高鴨穏乃(桜田)ら阿知賀女子学院のマージャン部のメンバーらがインターハイ制覇を目指す物語。
    映画初主演の桜田は「初めての主演は心からうれしくて、緊張や不安もあった。現場で皆さんが温かく迎えてくれて、伸び伸びと演じることができました」と笑顔を見せた。

    マージャンは未経験で、昨夏に撮影1か月前から猛特訓。
    共演のフェアリーズ・伊藤萌々香(20)との練習を振り返り「初めて2人でダブロン(2人同時に上がること)できて、本当に運命だなと思った」と語れば、伊藤は「あまり話したこともなかったのに一発目から出て、奇跡だなと思った」と笑顔を見えた。

    この日は、劇中で4校のマージャン部員を演じた女性キャスト18人が集結。
    桜田は「みんな自分の役を愛してて、声のトーンや座り方、マージャンの打ち方のくせ、歩き方をすごく研究しました。皆さん、推しのメンバーがいらっしゃると思うので、そのメンバー目線で応援してもらいたい」と観客に呼び掛けた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00000171-sph-ent

    実写映画「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」の完成披露舞台あいさつ

    (出典 tokyopopline.com)

    主演 桜田ひより

    (出典 tokyopopline.com)


    映画「咲―Saki―阿知賀編 episode of side―A」主なキャスト
    高鴨穏乃役:桜田ひより 
    (出典 pbs.twimg.com)

    新子憧役:伊藤萌々香(フェアリーズ) 
    (出典 pbs.twimg.com)

    松実宥役:渡邉幸愛(SUPER☆GiRLS) 
    (出典 pbs.twimg.com)

    鷺森灼役:中山莉子(私立恵比寿中学) 
    (出典 pbs.twimg.com)

    赤土晴絵役:南沢奈央 
    (出典 pbs.twimg.com)
      
    水谷竜華役:小倉優香 
    (出典 pbs.twimg.com)

    二条泉役:新井愛瞳(アップアップガールズ(仮)) 
    (出典 pbs.twimg.com)

    渋谷尭深役:RaMu 
    (出典 pbs.twimg.com)

    亦野誠子役:岩田華怜 
    (出典 pbs.twimg.com)

    大星淡役:志田友美(夢みるアドレセンス) 
    (出典 pbs.twimg.com)


    【【実写化】「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」完成!次々とまあ...】の続きを読む


    邦画情報まとめ!

    1 湛然 ★ :2018/01/08(月) 05:08:33.34 ID:CAP_USER9.net

    2018-01-08 05:00

    竹内涼真、ラブコメ映画初主演で初の教師役 浜辺美波と“恋愛バトル”

     俳優の竹内涼真(24)が、幸田もも子氏の少女漫画を実写化する映画『センセイ君主』に主演することが7日、わかった。イケメンだが冷徹な高校教師役で、ラブコメ映画に初主演。「とにかく楽しみですし、頑張らなくてはいけないなと感じています。自分が今持っている力を全部出し切りたいと思います!」と張り切っている。

     NHKの連続テレビ小説『ひよっこ』、日本テレビ系連続ドラマ『過保護のカホコ』、TBS系連続ドラマ『陸王』などに出演し、ORICON NEWSによる『2017 ブレイク俳優ランキング』で首位に輝いた竹内が、これまでの熱いイメージとは異なる役柄を演じ、新境地開拓に挑む。

     原作は、映画化もされた『ヒロイン失格』などで知られる幸田氏による人気少女漫画。教師×生徒の“禁断の恋”を高いテンションでコミカルに描き、全13巻で発行部数約143万部を突破した。映画では、竹内演じる高校教師・弘光由貴に恋するちょっぴりおバカな女子高生のヒロイン・佐丸あゆは役で浜辺美波(17)が初共演。浜辺が主演した『君の膵臓をたべたい』などの月川翔氏が監督を務める。

     竹内は「今24歳なのですが、やっと先生役を演じられる年齢になって来たのかなという思いと同時に、今まで演じたことがない役なのでこれからどうやって演じようかといろいろ考えながらワクワクしています。こんなに早く主演をさせていただけるのはすごく有難いことですし、だからこそ自分が今持っている力を全部出し切りたいと思っています」と意気込み。「僕が演じる弘光先生は数学の天才なので、先生という立ち居振る舞いを少しずつ勉強しながら取り入れていきたいと思っています」と役作りについて語った。

     弘光相手に“恋愛バトル”を繰り広げるあゆは役の浜辺は、「原作や台本を読んでいて、クスっと笑えるシーンが多かったので、モノマネやパロディ要素の部分も怖がらずに全力で演じたいと思います」と宣言。「今までにないくらい弾けて演じられたらと思います。これ以上やっていいのかというくらい顔芸もやりたいです」と気合十分で、「竹内涼真さんにはまだあまりお会いしたことがないので、どういう先生になるのかも全くわかりませんが、原作のように見ている人を虜にしてしまうような先生だといいですね」と話している。

     原作者の幸田氏は「キャストの方々も、本当に思い描いていたイメージぴったりで、、、!!! これからどんな作品に生まれ変わるのかとても楽しみです!!」と期待を込めた。15日よりクランクインし、約1ヶ月撮影を行う予定。2018年公開。


    映画『センセイ君主』で初共演する竹内涼真、浜辺美波

    (出典 contents.oricon.co.jp)

    『センセイ君主』(C)2018 「センセイ君主」製作委員会(C)幸田もも子/集英社

    (出典 contents.oricon.co.jp)

    浜辺美波が演じる佐丸あゆは(C)幸田もも子/集英社

    (出典 contents.oricon.co.jp)

    https://www.oricon.co.jp/news/2103729/full/


    【【実写化】竹内涼真×浜辺美波!ラブコメ映画『センセイ君主』で恋愛バトル】の続きを読む

    このページのトップヘ