ムビ太郎の部屋

ムビ太郎の部屋は5chやTwitter等で、洋画・邦画をはじめ世界のTVドラマ、アニメ等※全ての映像についての情報をまとめています。新しい映像だけではなく古い映像も掘り起こして情報発信していきますので、意見交換などよろしくお願い致します。※AV等は除きます。

    カテゴリ: ファンタジー



    (出典 pbs.twimg.com)


    洋画事情情報まとめ!

    1 豆次郎 ★ :2018/02/13(火) 20:28:34.03 ID:CAP_USER9.net

    2/13(火) 20:18配信
    (CNN) 英国の児童書を実写化した映画「ピーターラビット」が公開早々、食物アレルギーの子を持つ親や支援団体から非難を浴びている。

    問題視されているのは主人公のウサギ、ピーターとその仲間が宿敵のマクレガー氏と繰り広げる闘いのエピソード。同氏がキイチゴの一種、ブラックベリーのアレルギーだからと、ピーターたちがブラックベリーを投げ付ける場面がある。

    マクレガー氏は苦しみ出すが、自分で治療薬を注射してようやく助かるというストーリーだ。

    これに対し、重いアレルギーの子を持つ親たちがツイッターで次々と懸念を示し始めた。一部の親が同作品のボイコットまで呼び掛ける事態を受け、製作会社のソニー・ピクチャーズは「配慮が足りなかった」と謝罪する声明を出した。

    専門家は「これほど深刻な問題を笑い話にするのは無責任で危険。食物アレルギーは死を招くこともある」と指摘する。アレルギーの子どもが学校で脅されたり、身体的な被害を受けたりするいじめの例も報告されている。

    米国の「ぜん息およびアレルギー基金」は最初に声を上げた団体の一つ。公開初日の9日からフェイスブックに親たちへの警告を投稿し、10日には製作者への書簡で、食物アレルギーを「注意を引くための仮病」のように扱っているふしがあると抗議した。

    オーストラリアを拠点にアレルギーの問題に取り組む団体も10日から、インターネット上でソニーに謝罪を求める署名運動を展開していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180213-35114651-cnn-int


    【【公開早々】『ピーターラビット』食物アレルギーの子を持つ親や支援団体から非難を浴びている!】の続きを読む



    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    邦画情報まとめ!

    1 muffin ★ :2018/01/26(金) 17:48:14.23 ID:CAP_USER9.net

    https://www.m-on-music.jp/0000250631/
    2018.01.26


    沢尻エリカ主演の映画『猫は抱くもの』の追加キャストが発表され、俳優の吉沢亮、水曜日のカンパネラのコムアイ、そして銀杏BOYZの峯田和伸が出演していることが明らかとなった。

    『ヘルタースケルター』(2012年)以来、6年ぶりとなる沢尻エリカの主演作『猫は抱くもの』は、「猫弁」シリーズで知られる大山淳子の同名小説が原作。
    “アイドルの夢を諦めた妄想好きのアラサ―女性”と、“自分を彼女の恋人だと思い込んでいる猫”の関係を描いたハートウォーミングなファンタジーで、こじらせたひとりと1匹のおかしくて愛おしい空想が、観る者に自分らしく生きるヒントをくれる……そんな作品となっている。

    劇中では実写の猫に加えて、擬人化された猫たちが多数登場。主人公・沙織(沢尻エリカ)の相手役で、自分を主人公の恋人だと思い込む、ロシアンブルーの猫・良男(よしお)を演じたのは、今最も注目されている若手演技派俳優の吉沢亮。『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』と、人気漫画の実写化作品でのコミカルな演技も高評価を受け、今年は岡崎京子原作による『リバーズ・エッジ』や、人気少女漫画『ママレード・ボーイ』でのW主演など、話題作への出演が続く。

    そして、本作が映画初出演となるコムアイが演じたのは、良男の相棒となる猫のキイロ役。
    コムアイは「この映画に参加して成長できたことをうれしく思います。猫の映画と聞いて、猫と遊べる! と思って受けたのに、自分が猫の役だったので、実際に猫と戯れるシーンがなかったのは、落とし穴でした」とお茶目に語り、自身の役柄に関しては「どこにも通じ、どこにも属さない。猫は、人間と野生を行き来する生き物ですが、特に私が演じた猫・キイロは人間のもとで飼われたり、野良として過ごしたり、流れに任せながらも自分で決めているキャラクターです」と、その背景を説明。
    (続きはソースをご覧下さい)

    映画『猫は抱くもの』は、6月23日から新宿ピカデリーほかにて全国ロードショー。


    (出典 www.m-on-music.jp)


    (出典 www.m-on-music.jp)


    【6年ぶりとなる沢尻エリカの主演作『猫は抱くもの』ファンタジーw】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)


    ファンタジー洋画情報まとめ!

    1 蚯蚓φ ★ :2018/01/18(木) 20:41:26.94 ID:CAP_USER.net


    (出典 file.osen.co.kr)


    来韓不発になった「巨匠」ギレルモ・デル・トロ監督が日本を訪れる。

    18日、シネマトゥデイなど日本外信はデル・トロ監督が映画『シェイプ・オブ・ウォーター』で日本訪問を確定したと報道した。

    トロ監督はこれに先立って『シェイプ・オブ・ウォーター』で来韓しようとしたが、最終的に不発になった。ゴールデン・グローブ、クリティクス・チョイス・アワードなど相次いで受賞し、第90回アカデミー賞授賞式を控えた負担と現地の広報日程などが理由だった。

    来韓は不発になったが、日本はそのまま訪れる。ギレルモ・デル・トロ監督は来る1月末、日本を訪問し広報日程を消化する予定だ。
    (後略:ギレルモ・デル・トロ監督の紹介)

    チャン・ジンリ記者

    ソース:コリアデイリー(韓国語) [Oh!ジャパン]「来韓不発「キイェル戦犯吐露監督、1月末日本探す
    http://www.koreadaily.com/news/read.asp?page=1&branch=&source=&category=lifenleisure&art_id=5959095

    関連記事:「おれたちのトトロ」ギレルモ・デル・トロ監督が来日へ 映画『シェイプ・オブ・ウォーター』PRで
    https://spice.eplus.jp/articles/168253


    【【訪日】 ギレルモ・デル・トロ監督『シェイプ・オブ・ウォーター』広報】の続きを読む


    ファンタジー洋画情報まとめ!

    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/01/18(木) 16:42:30.00 ID:CAP_USER9.net

    ピーターラビット:ハリウッドで初の実写映画化 ジャケット羽織って直立
    2018年01月18日
    https://mantan-web.jp/article/20180117dog00m200025000c.html

    (出典 storage.mantan-web.jp)


    (出典 i.ytimg.com)

    映画「ピーターラビット」の場面カット

     ビアトリクス・ポターさんのベストセラー絵本「ピーターラビット」がハリウッドで初めて実写で映画化されることが明らかになり、18日に場面写真と特報映像が公開された。
    場面写真には、青いジャケットを着たうさぎのピーターが緑の中に立つ姿が写し出されている。特報には、ピーターが湖水地方の草原を駆け巡る姿や、トレードマークとなる青いジャケットに袖を通す姿などが映し出されている。

     原作はポターさんのシリーズ累計1億5000万部のベストセラー絵本。
    映画では、元気いっぱいでいたずら好きなウサギのピーターと、自然を愛する心優しい女性・ビア(ローズ・バーンさん)が暮らす家の隣に、
    大都会ロンドンから少し神経質そうな男性・トーマス・マグレガー(ドーナル・グリーソンさん)が引っ越してくる。

     両親を亡くしたピーターにとってビアは心を許せるたった一人の女性だったが、マグレガーも美しくてピュアなハートを持つビアに次第に引かれていき、ピーターとマグレガーはライバル関係になる。
    ピーターはさまざまないたずらを仕掛けてマグレガーを都会に追い返そうとするが、マグレガーも大人げない行動で反撃。
    そんな2人を温かく見守るビアだったが、あるアクシデントをきっかけに、マグレガーがロンドンに戻ることになり、ピーターの心に変化が起こる……というストーリー。

     ピーターやその仲間のうさぎたちはCG(コンピューターグラフィックス)で描かれる。
    「ANNIE/アニー」(2014年)や「ステイ・フレンズ」(11年)などで知られるウィル・グラック監督がメガホンをとる。映画は5月公開。

    ※ 動画

    (出典 Youtube)


    【『ピーターラビット』ハリウッド初の実写映画化!なぜ上だけ服を着るのか?下半身丸出し!】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    ファンタジー洋画情報まとめ!

    1 名無シネマ@上映中

    「ジュラシック・ワールド2」のJ・A・バヨナ監督作品
    http://gaga.ne.jp/kaibutsu/


    【【良作】『怪物はささやく/ A Monster Calls』エモーショナルな話w】の続きを読む

    このページのトップヘ